銀行でお金を借りるメリット

お金を借りる際、銀行から借りると総量規制の対象外なので年収に関係なくお金を借りることができます。消費者金融だと総量規制の対象になるので、年収の3分の1までしか借入できません。

例えば、年収300万円の人は100万円までしか借りられないということです。銀行の場合は総量規制の対象にならないので、利用限度額までお金を借りることが可能です。

無職の専業主婦の場合、消費者金融だと総量規制の対象になるので年収0円の3分の1ということで、お金を借りることができません。

しかし、銀行であれば借入できます。銀行だと消費者金融よりも低金利なところが多いので、安心して借りることができます。ただし、消費者金融に比べて審査が厳しめで結果が出るのが遅いのがネックです。すぐに借入したいわけではなく、審査をしっかり受ける自信がある人には適していますが、それ以外の人は消費者金融のほうがキャッシングしやすいでしょう。

銀行からお金を借りる場合、カードローンか大口のローンで借りるのが一般的です
カードローンは借入目的が自由で審査がスムーズで、融資までのスピードが早いのが特徴です。一方、大口ローンは借入目的が明確で、審査が複雑で審査に時間がかかります。大口ローンは住宅ローンなど、まとまった大金を借りる際に利用します。

日常生活で少しお金が足りないという場合であれば、カードローンを利用します。カードローンは個人向けの無担保融資で、簡単な書類での審査と審査時間が短いので借りやすいです。少額借入にも対応していて、発行されたカードを使って銀行提携のコンビニATMでお金を引き出すことができます。フリーローンなので使い道が限定されていないのもメリットです。

カードローンはネットで24時間いつでも申し込み可能なところがほとんどなので、時間が空いた時にすぐに手続きすることができます。土日祝日も借入できますし、口座を開設しなくても利用可能です。