カードローンの借入限度額はどのように決定されるか

カードローンを契約する際には、必ずしも自分が借りたい金額を全て貸付してもらえるとは限りません。借入限度額は、お金を借りる際に認められる最大の金額で、借入先の金融機関からの審査を受けて決定されます。

審査の結果、カードローンの契約自体ができないこともあります。審査は、申込書に記載された情報を元に、信用情報を照会します。勤務先に在籍しているかどうか電話で確認をして、金融機関の審査基準に適えば借入が認められます。

借入限度額の目安は、消費者金融や信販会社のようなノンバンクは貸金業となりますので、収入の3分の1以内の額となります。借入限度額の下限額が10万円の場合は、年収が最低でも30万円ないと借入が難しいでしょう。全ての借入が合算された額が3分の1までですので、他に借入がある場合は借入限度額が低くなるか、申し込みをしても断られることもありますし、既存の借入限度額が低くなることもあるのです。

これは総量規制と言い、貸金業法下で運営されている業者は守らなくてはいけない決まりになっていて、借入をした人が、返済に困り生活を破綻させないようにするために設定されたものです。

1年の収入の額から決定される関係で、全く収入のない専業主婦やアルバイトをしていない学生は借入限度額の設定ができないので、申し込みができません。

貸金業でない銀行や信用金庫等の場合は、総量規制による制限がありません。専業主婦の方でも、配偶者が職業に就いて、安定した収入があれば、申し込み可能としている銀行もあります。ただし、年収の3分の1の額を基準としている金融機関が多いですし、専業主婦の場合は借入限度額を10万円~50万円程度にしている所もありますので、多額の借入は難しいことも考えられるでしょう。

比較的借入額が高くなりがちなおまとめローンや借り換え目的でも借入ができる場合がありますが、信用情報を閲覧して、4社以上の借入があったり、総量規制の額を大幅に超えたりする場合には断られることもあります。